ゴルフ 上達

【ゴルフ日記#14】快適にラウンドを回るために必要な準備

ゴルフ日記

    

100切りを達成するのに必要なのは技術的な要素だけではない

実際にコースを回り始めてみて、100切りを達成するのに必要なのはなにも技術的な要素に限ったことではないなと感じました。

快適にラウンドを回るための準備も100切りには必要です。

今回は、モモ蔵が実際にラウンドを回ってみて感じた、快適にラウンドを回るために必要な準備についてお話ししてみたいと思います。

 

ゴルフウェア

当たり前ですが、ゴルフウェアは季節に合ったものを着用しましょう。

夏場は普段着のシャツやポロシャツよりも、スポーツ用に作られたウェアを着るべきでしょう。

普段着のシャツやポロシャツだと、汗を吸い過ぎて重くなったり、体温の調整が上手くいかなくなります。

夏場はスポーツ用のゴルフウェアは必須です。

 

 

チノパン

モモ蔵はラウンド時はチノパンを着用するのですが、夏場に普段着のチノパンを着用したときは地獄でした。

普段着のチノパンはスポーツ用に比べて厚い生地でできており、蒸れるし、汗を吸い過ぎて重くなります。

汗でビショビショだし、重いし、蒸れるしでプレーに集中できませんでした。

冬場は普段着のチノパンで良いと思いますが、夏場はスポーツ用のパンツを用意しましょう。

 

 

ハーフパンツ&虫よけスプレー

マナー違反にならないように、ゴルフ場の服装の規定を確認した上でハーフパンツを着用するのも良いです。

ただし、夏場だと蚊にくわれたり、得体の知れない虫に遭遇することもあるのでオススメはしません!

もしハーフパンツを持っていくという方は、絶対に虫よけスプレーも持っていくようにしましょう。

 

 

レインウェア

雨が降った時のことを想定し、レインウェアを買っておくことをオススメします。

梅雨の時期に着ることもあるので通気性が優れたものが良いです。

レインウェアは防寒具としても併用できるので年間を通して使用する可能性があります。

適当な物ではなく試着してサイズを確認しておきましょう。

モモ蔵は、ゴルフウェアの上に着ることになるので、ピッタリすぎるよりも少しゆとりがあるくらいのものを購入しました!

 

 

サポーター

モモ蔵は腰痛持ちです。

ゴルフは身体を回転させたりするので腰に負担がかかります。

腰痛がひどくなければラウンド中につけたりはしませんが、お昼休憩や終わった後などに身体のケア用品として持ち歩いています。

ラウンド前日の打ちっぱなし練習で腰を痛めないためには必須ですね。

 

サングラス

ラウンド中、コースの先が日光でまぶしすぎて見えないなんてこともあります。

コースの先が見えなければ正確なコース戦略を立てられません。

サングラスをつけている上司は決して格好つけているわけではないようです(笑)

あなたも、ゴルフに支障が出るようであればサングラスを活用しましょう!

顔にピッタリとフィットしてズレないゴルフ専用サングラスなんてものもあるようなのでオススメです。

 

 

凍らせた飲み物

夏場のゴルフ場の暑さをなめてました。

凍らせたペットボトルの飲み物は必須です。

モモ蔵は500mlのペットボトルを3つは凍らせて持っていくようにしています。

1本は前日の寝る前に冷凍庫から出して溶かし始めておく方が良いです。

朝出してから3つまとめて持っていくとラウンド開始までに凍らせた飲み物が溶けなくて困った経験があります。

 

冷却スプレー

夏場は冷却スプレーも必須です。

ウェアの上からスプレーできる冷却スプレーをオススメします。

 

日焼け止め

日焼け止めはできる限り使用するようにしましょう。

ゴルフ場のラウンド中は気にならないかもしれませんが、ラウンド後に絶対に気になります。

顔や手がヒリヒリするくらいなら我慢できますが、ゴルフは片手だけにグローブするので、片手だけ日焼けあとができるなんていうみっともない状態になります(笑)