ゴルフ 上達

<パターマット工房>スーパーベントパターマットのレビュー

スーパーベントパターマットと備品

    

パターマット工房のスーパーベントパターマット(45cm×4m)を購入

パターマット工房のスーパーベントパターマットを購入しました!

モモ蔵は下手くそでベタピンなど全くないので5m以上を購入したかったのですが、部屋の大きさを考えて4mを購入しました!

早速練習してみました!

 

ゴルフをやる人のマストアイテム

パターマットはゴルフをやる人なら全員持つべきマストアイテムです。

「アプローチとパターを制する人はゴルフを制す」と言う人もいるくらいですからね。

 

打ってみて思ったのは、スーパーベントパターマットは安価ですが実際のグリーンと同じような芝を再現できているパターマットです。

安いからオススメというわけではなく、スーパーベントパターマットで練習すれば本番に強くなるという意味でオススメです。

 

他の安物とは違い、お裁縫で使うようなただのフェルト生地ではないのでご安心ください。

 

100切りを目指すレベルなら長めのマットを購入すべき。幅は好み。

モモ蔵は4mのパターマットを購入しましたが、可能であれば5m以上のものをオススメします。

パターマットを敷くスペースと相談になるのですが、やはり100切りを狙うレベルの我々では頻繁にベタピンできるわけではありません。

必然的に長い距離のパター練習が必要になるわけですから、できる限り長めのパターマットを購入すべきです。

 

パターマット工房では色々なサイズのパターマットが用意されています。

販売ページのサイズについての説明を引用しておきますね。

 

様々なサイズをご用意しております。(一般的なパターマットのサイズは25cmx2m程度。当工房では・・・)
【横幅】お買い求めやすい45cm幅から、本格的な90cm幅、そして部屋全体を使う184cm幅があります。横幅を広くするメリットは、マットの縁の直線に頼らず斜め打ちすることによる方向性の練習、そしてスタンスを芝上に取り自然な姿勢でアドレスできることです。
【長さ】リビング等に置きやすいのは3m~4mです。置き場所の工夫や廊下の活用により5m~10mの距離が確保できる方は、ぜひロングパットに挑戦してください。90cm幅、184cm幅は最大20mまでオーダーもできますので、当工房までご相談ください。

引用:パターマット工房 45cm×3m SUPER-BENTパターマット(距離感マスターカップ付き)【日本製】【パット練習用具の専門工房・パターマット工房PROゴルフショップ】【トレーニング用具・パッティング練習・練習用ネット・マット・パター練習・ゴルフ練習】

 

家に常設できる長さが良い

サイズについてもう1つ補記です。

実際に使ってみて思ったことなんですが、パターマットは家で常設できるサイズが良いです。

 

練習する度にパターマットを敷いて練習が終わったら片付けて、というのはかなり面倒です。

リビングや部屋に常設しておいてカーペット用のコロコロなどで掃除するのが良いですね。

 

パターマット工房のパターマットの口コミ

モモ蔵が共感した口コミ

平なので片づけやすい。

今まで使っていた上って穴に入れるタイプの練習機だと使っていないときにマットを畳むと波型がついて平に戻せなかったりするので部屋に広げっぱなしだったがこれだとカップ回りのスロープ部分が邪魔者でした。これは使わないとき丸めて片づけておいても広げた時ちゃんと平らになるので部屋がすっきりします。買い替えて良かった。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

モモ蔵は片付けること自体がめんどくさいと思ってしまいましたが、確かにマットをくるくると丸めるだけで片付けられますし、変な跡がつくこともないので片付けやすい部類なのかもしれません。

 

スコアの1/3以上はパット数だから…

今までスタート前の練習グリーンでしかパッティングの練習が出来ず、部屋の中の絨毯の上で打ってみても感触は違うので、上達さえ諦めていました。上級者とのスコアの差はパット数であることも分かっています。この商品の「ベントグリーンの感触」という気になる情報が どうしても無視出来ませんでした。これさえ有れば、もしかするとスコアアップにつながるかも知れない。3パットに何度も苦い思いを繰り返す自分に 目から鱗のきっかけとなるのか?これから毎日パット練習を繰り返すので、その成果はまだ報告できませんが、少なくとも3m以内の距離感は身につくように感じます。逆目と巡目の速さの変化が得られるとは なかなか良くできていると思いませんか?

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

スコアの1/3以上はパット…。

モモ蔵はまだそこまで上手くありませんが、この言葉が示すパターの重要性は知っておくべきです。

どんなに上手くなってもパターマットは必須なんですね。

スーパーベントパターマットは長く使えそうなので大満足です。

 

良かったです。

逆目と順目の差が意外にはっきりでて、本物に近い感覚でした。
3パットが減りそうです。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

写真を見るだけだと分かりづらいのですが、触ると順目と逆目の違いがハッキリと分かります。

確かに実際のグリーンには順目と逆目という芝生の流れがあるわけで、パターマットにも順目と逆目はあるべきです。

当たり前のことなんですが、他のパターマットとの重要な違いですね。

 

高級感あるかも

第一印象は高級な人工芝!人工芝にありがちな安物のチクチクしたプラスチック感はなく、柔らかく肌触りもいいです。配送や梱包のヨレやシワもありませんでした。順目逆目があるみたですが少し使った感じではよく分かりませんでした。使い込んでみないと分からないかもしれません。球の転がりや止まりもよく、使い込んで気に入ったら大きなタイプを購入してカップ穴を開けたり傾斜をつけたりカスタムしてみたいと思いました。上品な人工芝なのでひきっぱなしでもダサイ感じがないです。物はいいけどもう少し安かったら★5かな。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

既に書きましたが、スーパーベントパターマットはただのフェルト生地などではなく、高級感ありという口コミに共感です。

お金がある方は、スーパーベントパターマットを加工してカップ穴あけちゃおうなんて考えるんですね。

ちょっとモモ蔵には真似できないです(笑)

 

練習頑張ります

順目側のスピード感が、早過ぎず遅過ぎずちょうど良い感じです。
目印のシールを今く活用することで、更に良い練習が出来そうです。
二階のフローリングで使用していますが、音は全く気になりません。
後は結果が出るのを楽しみに、練習したいです。
90cm幅か45cmかでとても悩みました。60cmがあると良かったですが…

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

モモ蔵も60cm幅のマットがあると良いなと思いました。

実際に45cm幅のマットを使っていて特に不満はないのですが、これから上達して色んな傾斜のつけ方とかすることを考えると物足りなくなるかもしれません。

これも置くスペースと相談ですが、なるべく幅が広いものを買うと良いのかもしれません。

 

穴に入れる感覚があった方がやっぱいいかも
転がした感触は高速過ぎなくて良い。
幅もそこそこあってよい。
普段から気楽に練習するには十分。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

穴に入れたときの「カラン!」という乾いた音が聞きたいというところは共感しますが、パターマットの多くは穴なんてないですからね…。

抵抗がなければスーパーベントパターマットに穴を空けて、さらに高さをつけて「カラン!」という音が鳴るようにしたら解決!?

 

モモ蔵が共感できなかった口コミ

上級者向けのマットかな、と思います。初心者の私には、ほかの方のレビューのような使い勝手の良さは分かりませんでした。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

この口コミを書いた人が、なぜ上級者向けのマットと思われたのかが書いていなかったので何とも言えませんが、決して上級者向けではないと思います。

モモ蔵が満足できている訳ですし…。

 

ん~?

商品説明で鵜呑みにするとちょっと違うかな?って感想でした。マットの感じはそこそこで悪くはないですが、穴に当たるパットがちょっと安そうなシートみたいな感じで少しがっかりしました。
トータルでは感覚や方向の練習するには別段問題はないので星三つにしました。
マイナス2はちょっと自分の期待が大きすぎました。。。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/295740_10000001/1.1/?l2-id=item_review

 

モモ蔵も商品説明を読んで購入しましたが、特に違和感は感じませんでした。

穴に当たるパットは革のシートを繰り抜いた感じだったので、特に紙っぺらというわけでもないですし、トータルで4~5千円なら十分な品質だと思います。

期待が大きすぎたとあるので、ものすごいものを妄想してしまったのかもしれませんね。

 

 

パターマットの効果的な使い方

順目と逆目を使い分ける

スーパーベントパターマットは芝の流れが再現されています。

順目ならボールが走るし、逆目ならボールにブレーキがかかる

本当のグリーンでパターしている感覚が磨けます。

下の動画で順目と逆目のボールの走り方の違いを解説していますね。その差なんと40cm!!

 

ボールが床を転がらないようにする

モモ蔵はボールが床を転がらないようにするために、パターマットの端っこ(穴の先)を壁にくっつけたり本を積み上げたりして、ボールが止まるようにしています。

フローリングをゴルフボールが転がると思ったよりもうるさいのでお気をつけください。

 

傾斜をつけてラインを読む

モモ蔵にはまだ先の話になるのですが、スーパーベントパターマットには傾斜をつけるためのマットの切れ端がついてきます。

これをパターマットの下に敷くことで高低差をつけることができます。

 

マットの切れ端なんて安っぽいなと思ったのですが、実際にやってみるとマットの切れ端を挟むくらいが丁度良い高低差がつけられることが分かりました。

本を挟むと高低差がつき過ぎて、45cm幅のマットでは練習になりませんでした(笑)

 

 

 

 

こんな感じで届きます

こんな感じで届きます。

 

スーパーベントパターマットの箱

 

箱は大きめですが、パターマットなので軽いです。

箱の上部には「付属品がパターマットの巻きの中に入っています」という思いやりの詰まった解説シールがついています。

 

スーパーベントパターマットの箱についている解説

 

箱を開けたらパターマットが袋に入っている状態です。

 

スーパーベントパターマットの箱を開けたところ

スーパーベントパターマットを取り出したときの袋とパターマット

 

解説の通り備品がパターマットに挟まっています。

広げるとこんな感じです。

 

良くある質問集とか解説書もちゃんと入っています。

 

スーパーベントパターマットと備品

 

販売しているパターマット工房さんは全体的に丁寧な会社さんだなという印象です。

口コミでモモ蔵も読みましたが、「万が一、不備があったらちゃんと対応してもらえる」ようです。

安くて不安があるという方も安心できますね(^^)/